×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気ままな人生、きままな旅

ツーリングオアシス 富津

千葉県 富津岬公園 2003年10月5日

 まぁ、ツーリングっちゅうほどじゃないけど、スズキがやってる「ツーリングオアシス」って何なのか、見に行ってめーりやした。天気もまずまずだし、寒くなる前にちっとは乗っておくかと。
 詳しくはスズキのサイトを見てちょーだい

小室千春さま
2003年10月5日 ツーリングオアシス 富津

 富津(ふっつ)と言えば、潮干狩りとアクアラインで有名な木更津市のとなり、東京湾に長く突き出た富津岬のあるところ。そしてこのイベントも、その岬にある公園で催されていた。
 「ツーリングオアシス」とは何ぞや? というと、スズキのHPでは、「憩いの場、待ち合わせの場して活用してください」ってことで、スズキ純正ケミカル(チェンオイル、ワックス等)も試せるらしい。さらに、これが重要なんだけど、JAJAガールと呼ばれる、レースクインかな?サーキットやパンフ等でにこやかに笑っておられる、とにかく、かっこいいお姉さまもお越しになられるのだ。そう、よくわからないからこそ、こうやって出かけるのだ。ヒマだしね。

 ツーリングオアシスの開催時間が11時から14時までってこともあり、しっかり食事をとってから10時過ぎに出発。
 いつもは混んでいる国道16号も、日曜の午前中はスキスキ。南下すればするほどすいてくる。
 ほとんど平坦で真っ直ぐな道をダーっと走り、ほどなく到着。スズキのノボリとテントがあったので、すぐにわかった。なにより、JAJAガールのお姉さまが目立っているので、間違えるはずも無い。

無許可で使ってます
 まずは遠巻きに様子をうかがってから、徐々に近づいていく(笑
 おぉ、なんとドリンク無料だ。あったかいのがあったら、もっと良かったのに。
 そしてすぐ隣には、JAJAガールにあらっしゃいます、小室千春さまがおられるではないか。かぐわしいにほひと、神々しいまでの後光を放っておられる御姿に、ただただおそれおののくだけでございました。正直申し上げまして、画像よりもずっとキュートでございます。
 しばらくすると、すぐ後ろの立ち木のとこでプチ撮影会が始まったのでございます。これ幸いと俺も参加。あれやこれやと質問したり、アーだコ−だと注文したり、なんと恐れ多いことでございましょう。参加者がそれほど多くないのをいいことに、体温が感じられるほどの近さで、千春さま直々の有り難いお言葉を賜り、わたくしはいたく感激したのでございます。この仕事もたいへんなんだろうなぁ。
 それにしても、フィルムカメラでガシャガシャ音を立ててシャッターを切っていたのは俺だけだった。
 すぐ横にスズキのクルマが停めてあったところを見ると、スタッフは軽自動車で来たんだろうな。当然と言えば当然だけど・・・

ツーリングオアシスの様子
 せっかく来たのだから、ケミカル類も使わせてもらう。
 チェンオイル、チェンクリーナ、スプレーワックス、さらにペーパータオルが用意されていた。チェンクリーナを使いたかったが、1本丸々使ってしまいそうなのでやめておいた。かわりに、ムース状のスプレーワックスを試させてもらう。ワックスかけるなんて、何ヶ月ぶりなんだろう。ちなみにこのワックス、手軽に使えるだけでなく、ゴムについても白くならないのがとても良かったです。
 イベントの最後を飾るのは、言わずと知れたジャンケン大会。小室千春さまと真剣勝負なのでございます。俺はなんとかケースって言ってたパドックパス等を入れて首から下げるカード入れと、白いTシャツをゲット。ジャケットが欲しかったけど、1点しかなかったからなぁ。でも、賞品の総数は参加者数を上回っていたので、全員が何かしろ手にすることができた。
 会場に集まったバイクは、ハヤブサをはじめ最新型が目立ち、他にカタナがいなかったのは残念だった。

 そして、「竹岡ラーメン」に寄ってから帰ったことは、言うまでも無い。
 ここでラーメン食べながらテレビを見ると、なぜかいつも寂しくなってしまう。しかし、それがいいのだ。
 
 めでたし、めでたし。


▷ もどる ◁
気ままな人生、きままな旅
▷▶ HOME ◀◁