×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気ままな人生、きままな旅

北アルプス
爺ヶ岳〜白馬縦走 1/3

 台風が通過した後は数日の間好天が期待できるので、心待ちにしていた台風北上の予報を聞き、あわてて山登りの準備を整えた。

横川の蜂蜜屋
横川の蜂蜜屋
9月19日 自宅〜信濃大町

 のんびりしていて1日出発が延びてしまったが、予報では下山予定の日までは天気が持ちそうだ。
 いつもだったら国道20号線を使って信州に行くのだが、そろそろ飽きてきたので、今回は17号から入ることにする。小奇麗になった横川駅前の店で釜飯を食べ、展示されているディーゼル機関車、レンガ作りの変電所や旧路線の橋などを見学し、日が落ちた後上田から三才山トンネルを抜けて松本に入る。このトンネルは有料だから使いたくはないのだけれど、日没後に山道を走るのも気が進まないのでしかたない。

かつての花形特急車両
かつての花形特急車両

 松本で夕食を済ませて大町へと向かう。その途中、インディーズ系のコンビニを発見。案の定、オリジナルのサンドイッチや菓子パンを売っていた。オリンピックのおかげでやたらと立派な道ができたので迷ってしまい、ここで道を尋ねる。支払う際、端数はおまけしてくれた。

廃墟となった鉄道用変電所
廃墟となった鉄道用変電所

 信濃大町駅に着き、、扇沢行きバスの時刻を確認する。扇沢の駐車場に車を置き、白馬岳から下山した後は、列車とバスを乗り継いでクルマのところにもどらなければならない。
 駅から大町温泉郷を抜け、真っ暗な山道を黒部ダム行きのトロリーバスが出ている扇沢まで行き、そこの駐車場に車を停め眠る。星が見え明日の好天を期待できるが、かなり寒い。

ページ 1 2 3 次のページへ▶

 

▷ もどる ◁
気ままな人生、きままな旅
▷▶ HOME ◀◁