×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気ままな人生、きままな旅

オーストラリアツーリング記 10

エクソマス → ホールズクリーク 1954km

4/25 エクソマス 〜 Fortescue 434km

 エクソマスから90kmほど南に戻り、そこからショートカットするように未舗装路に入り再び国道1号線に出て、Fortescueのロードハウスのテントサイトまで。
 この手のロードハウスのテントサイトにしては、芝生もきれいで木も多くて大きくて、管理の行き届いた気持ちの良いところだ。それに冷たいビールもある。
 この乾燥した大地で、人々の芝生に対する思いは、並々ならぬものがあるようだ。こちらでは、水をまかなければ公園の芝生も育たない。もしかしたら、乾燥しているからこそだろうか。
 明日は、ポートヘッドランドは越したい。そうすれば、次のブルームまでが楽になる。タナミ(タナマイ)ハイウエイも近い。
 「ライダー」が無かったので、ログキャビンという葉タバコを買う。ライダーといっても、たぶん乗馬のほうだろうけど。
 それにしても西オーストラリアの景色は、おそろしく単調だ。ためしに時速80kmで走ると、気が狂いそうになる。

4/26 Fortescue 〜 ポートヘッドランド 354km

 ポートヘッドランドに着いた。
 途中で休憩したWhim Creekのホテルのおっさんと話した。3日ほど前、矢野君が泊まったようだ。その他、日本での給料の話しや、日本人ライダーはどのくらいの予算で来るのか、なども話しをした。
 ポートヘッドランドは鉱山の町で、町じゅうサビ色。
 もう少し先まで行きたかったのだが、時間が遅いし、タイヤ交換予定の横井さんは、日曜にブルームに着いてもバイク屋は休みだろうから、ここで交換していくことになったからだ。でも、結局合うサイズのタイヤは無かった。
 ブルームまでの600kmは、2日かけて行くことにする。
 湿気が多く、タバコの巻紙もくっついてしまいそう。この湿気のせいか蚊が多くて困る。

4/27 ポートヘッドランド 〜 サンドファイアーフラット 279km

 昨夜寝ている間に、横井さんのバイクが地元のガキに、盗まれそうになったそうだ。気づいた横井さんは、走って追いかけて取り戻したとか。彼のバイクのタンクは容量が多いものに換えてある関係で、ハンドルロックが使えないのだ。
 そしてそのタンクは半透明のポリ製なので、中のガソリンが赤く透けて見える。たしかに、残量が良くわるんだけど・・・。
 ここのロードハウスのテントサイトは、緑が多くていいのだが、ついでにアリも多いし夜露が半端じゃない。
 明日は、ブルームまで何も無い。

4/28 サンドファイアフラット 〜 ブルーム 341km

 とてもたいくつな道だった。
 地平線まで、何もさえぎるものも動くものも無いまっすぐな道。毎日毎日、同じ景色の繰り返し。
 地平線も、3日で飽きる。
 遠くに見えていた雲の帯がだんだん近づいてきて、やがてその雲は頭上を覆い、いくつもの日陰を抜けると、やがて前方には雲が見えなくなり、バックミラーの中で雲は空と同じ色になって消えていく。こんなことを数回繰り返して、ブルームのキャラバンパークに到着。
 湿気が多くて、その上暑い。夜露やアリは大丈夫だろうか。

4/29 ブルーム 〜 フィッツロイクロッシング 256km

 午前中はブルーム市内を見学。
 ここには日本人墓地がある。明治の初め頃からここに真珠を採りにきた人達のお墓で、ほとんどは和歌山県の出身。でも今は、日本人は居ないそうだ。
 元々は、浜から適当な石を拾ってきて墓石にしていたそうだが、荒れてしまった墓地を笹川良一が整備したと石碑に書いてある。いいことするじゃん。
 ほとんどは男性だった。
 お墓は全部で700基、900人ほどが眠っている。潜水病や溺死、サメの被害、それからハリケーンで一度に多くの人が亡くなっている。
 やはり帰りたいと思ったのだろうか。俺が見物に来ても、歓迎してくれたのだろうか。1基だけ、まだ新鮮な花が添えられていた。一番新しいのは昭和55年で、名前からしてハーフの方のようだ。
 真珠採りのダイバーは、アボリジニか南太平洋の出身者にかわったらしい。今でもサメにやられたりして、被害者が出るらしい。
 それから、こんな小さな町にも、チャイナタウンがあった。
 ブルーム市内を見学後に出発して、今日はフィッツロイクロッシングまで来た。
 ますます熱帯っぽくなってきた。バオバブ(ボムツリー)というかった姿の木はあるし、水も増えて蚊がやたらと多い。こいつらは、ソックスの上からでも刺してきやがる。

4/30 フィッツロイクロッシング 〜 ホールズクリーク 290km

 ホールズクリークまで来た。ここは湿気が少なく、蚊もいなくて、すごしやすい。
 西オーストラリア州で、最初のゴールドラッシュに沸いた町らしい。オーストラリアもアメリカ西部開拓と同じように、金の発見が開発にはずみをつけたようだ。
 2日前、ここに矢野君が矢野君が泊まっていた。


◀◁ 前へ 次へ ▷▶
▷ もどる ◁
気ままな人生、きままな旅
▷▶ HOME ◀◁