×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気ままな人生、きままな旅

北海道 2006年夏・12/12

7月11日 根室〜伊達

 予報では、この後1週間ほどは全道的に天気は良くないようだ。雨は降りそうに無いけど、晴れもしない。
 期待していた根室、別海、帯広といった地域が晴れそうには無いので、そろそろ帰り時だと考え、自宅に向かって走り出すことにした。

 そう決めれば、あとは早い。すんなりと国道を使って釧路を通過し、帯広の六花亭でお菓子を食べて日高を抜け、函館まで残すところ150キロほどになったけど、今日はここ伊達市で終わりとした。
 今日は1日中、降ったりやんだりだった。日勝峠は濃霧だったが、トンネルを抜けるとウソのように霧は無かった。
 伊達の道の駅は市街地の中心部にあり、付近の繁華街に来た市民の駐車場化していた。
 また雨が降り出して、深夜には大雨となった。ラジオのニュースは、西日本では大きな被害が出ていると伝えている。

最後のセコマオリジナル飲料
最後のセコマオリジナル飲料
7月12〜13日 伊達〜自宅

 昨夜の風雨はかなり激しかったようで、細くあけた窓から雨が吹き込み、ケツが濡れてる。
 11時半頃、あせって函館港に着いたけど、次のフェリーは13時50分だった。

恐山は、工事中だった
恐山は、工事中だった

 青森もほんのかすかに晴れ間がある程度。恐山に寄ってみたけど、有料だったか・・・・
 その後、途中で1泊し、13日の20時頃に帰宅した。
 雑草は伸び放題で、庭がジャングル状態になっていた。
 これでしばしの間、セコマのオリジナルドリンクとも、豚串とも、はせスト焼き鳥とも、お別れだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 先頭のページへ▶

 

▷ もどる ◁
気ままな人生、きままな旅
▷▶ HOME ◀◁